都城庄内の家 

吹く風がすっかり冷たくなった12月上旬。

お引き渡しから約5年が経った「都城庄内の家」Tさんファミリーのおうちにお邪魔しました。
玄関までのアプローチを歩きながら、お庭を見ると雑草ひとつなくとてもきれいにお手入れされています。 お庭の担当はご主人。草取りや枝の選定などお休みの日にこまめにされて いるそうです。家を建てる前、「庭に木はいらない」と思っていたご主人。 「庭は芝生だけでいいと言っていたんですが、WDのみなさんに『庭いじりは始めたら結構はまりますよ~』と言われて。まんまとはまってしまいました。

家づくりを考えて色んな情報を探していた頃、ご主人は家の中に機械的なシステムや機能を取り入れた家づくりを考えていたそうです。 「それと平屋の42坪!と決めていました。そんなに大きな家はいらないと(奥様から)言われながら。そんな時インターネットでたまたまウッドデザインのHPをみつけて。スタッフさんに出会って、家づくりについて熱く熱く語られて徐々に考え方が変わっていきました。家は大きくなくてもいいし、居心地の良さが大切なんだなって」

 

 


 

 

家の外周りはご主人の担当、室内のインテリアは奥様の担当です。
キッチンに並んだ食器やケトルも、きれいな色合わせでとても素敵です。
「インテリアや雑貨はインターネットやメールマガジンでちょこちょこ見てます。最近のインテリアショップはものを販売するだけじゃなく、暮らし方の提案もされていて、見ていてとても楽しいんです。」

大きな窓に面した明るいアイランドキッチン。
「私が子どもの頃住んでいた家は台所が暗く寒くて。お手伝いをしたい、と思えなかったんです。」
ご飯の支度をする奥様のそばに、子ども達がかわるがわる寄っていきます。 お茶を入れると、お盆をもってお手伝いするお姉ちゃん。
まだあまりお手伝いできない妹ちゃんも、お茶を運ぶお姉ちゃんの横を嬉しそうにパタパタついて歩きます。 今日のお昼ご飯は子ども達のリクエストで、イカとタラコのパスタ。サラダとおにぎりに、都城の郷土料理「ガネ」です。

 

 

 


 

さつまいものガネは、さくさくふわっとしてとっても美味しい。
ご実家で作っているお米のおにぎりはお米の美味しさにびっくりです。冷蔵保存して一年寝かせると、お米が美味しくなるんだそう。

おにぎりを並べた白山陶器の器は、家族で波佐見陶器市に行ったときに見つけたものだそうです。
「家を建てる前、賃貸に住んでいたころは休みの日のお昼は外食に出ることも多かったです。
贅沢なものじゃなくて、うどんとかですけど。けどこの家に住み始めて外食は減りました。
休みの日に一歩も家から出なくても平気なんです。 家にあるものでご飯を食べて、それぞれ家で好きなことをして、子ども達はで遊んだり。一日中家にいても楽しめるんですよね。」

日当たりの良い南の窓際は、今年小学生になったお姉ちゃんのお勉強スペースになっていました。
勉強机を買って2階におこうと思ったら、本人が『1階のほうがいい』といい、リビングの一角におくことになったんだそう。 「最初は大きい家を求めていたけど、今この家がちょうどいい大きさだったなあ と思ってます。
家族四人の暮らしでもちょうどいいし、将来夫婦二人になってもちょうど良く暮らせそう。」とご主人。

  

家でゆっくり過ごす時間、奥様はキッチンにあるデスクでパソコンを使ったり、ご主人はソファーでTVをみたり。 「お互い違うことに没頭してて会話がなくても、同じ空間にいる空気を感じますね」

L型に繋がったリビングとダイニングキッチン。
ご飯を食べて、くつろいでパソコン、お勉強、ピアノのレッスン。家族みんなの大切な時間が、ひとつの空間にあふれています。
雑貨や食器、ひとつひとつがじっくり選んだお気にいりのもの。
大好きなものに囲まれている大好きな家族との暮らしは、あったかい優しい空気に包まれていました。



 

 

 

宮崎市の新築,注文住宅木の家ウッドデザインお問い合わせ

 

 

 

 

 

 

service

株式会社ウッドデザイン

〒880-2112 宮崎市大字小松3036番地2
[TEL] 0985-69-6828

[FAX] 0985-69-0133

http://www.wooddesign.co.jp

info@wooddesign.co.jp

木の家ご案内 ~見てみませんか?

見学をご希望の場合はお気軽にお問合せください。ホームページの完成写真集をご覧頂き、希望の日時、お名前、連絡先をお知らせください。お電話でも対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらへ